赤ちゃん×育児ママ×イクメンライフ | リアル・ベビー365日

赤ちゃんが生まれてから365日、月齢別に育て方やトラブルの解決方法などリアルに体験しながら学んでいく育児ママ&イクメン応援サイト♪

突発性発疹の特徴と対処

time 2015/03/23

突発性発疹の特徴と対処

突発性発疹はかなり多くの乳幼児が発症する感染症といわれています。赤ちゃんがかかる感染症としては症状が軽いほうです。

最終的な病気の症状は軽く済むようですが、別の意味で厄介なことも…

突発性発疹

  • かかりやすい時期…生後3ヶ月~ 1歳
  • 主な症状…発熱後の発疹

特徴

ヘルペスウイルスが原因の感染症で、何の前触れもなく突然38度~40度前後の高熱を発症します。高熱は3~4日ほど続き、その間軽い下痢や咳をわずらうことも。

ただ、高熱の割には機嫌が良かったり食欲もあるケースが多いようです。これが第一段階。

第二段階になると、まず熱が下がって24時間以内に赤い発疹がお腹や胸を中心に全身に広がります。見ていて痛々しい限りですが、これは2~3日で薄くなり消えてきます。

通常の突発性発疹はここまでの症状ですが、ごくまれに急性農相や熱性けいれんを合併するケースもあるようです。

ホームケアと対処

熱が下がって発疹が出るまでは突発性発疹と診断できないので、ホームケアとして発熱対策の水分補給を怠らないようにします。

しっかり水分が摂れていれば、発熱+発疹の約1週間でほぼ自然完治する感染症です。

問題は発疹が出てから。原因がはっきりしないのですが多くの突発性発疹にかかった赤ちゃんで、1番手がかかるのが熱が下がり発疹が出てからの機嫌の悪さ。

普段以上に夜泣きやぐずりが多くなるケースを覚悟しておくと良いかも…。

突発性発疹は症状で見極めやすい病気です。逆に4~5日たっても熱が下がらないなどの場合は他の病気の可能性が高いため、即受診しましょう。

※症状が見極められないときは早めにかかりつけの病院に電話を。休日や深夜の急な症状の場合は「#8000」(厚生労働省小児救急電話相談)に相談しましょう。

最近のツイート