赤ちゃん×育児ママ×イクメンライフ | リアル・ベビー365日

赤ちゃんが生まれてから365日、月齢別に育て方やトラブルの解決方法などリアルに体験しながら学んでいく育児ママ&イクメン応援サイト♪

難聴の特徴と対処

難聴は老化を伴う症状だけでなく、赤ちゃんにも十分発症する可能性のある病気です。言葉の発達に関わるため早期の発見と治療が必要になります。

難聴

  • かかりやすい時期…先天性、生後0ヶ月~
  • 主な症状…耳が聞こえにくい、聞こえない

特徴

難聴には先天性と後天性の2種類あります。

先天性は何らかの原因で生まれつき耳が聞こえにくいものです。後天性は滲出性中耳炎や髄膜炎、おたふくかぜや薬の副作用などで一時的、もしくは継続的に難聴になるケースです。

赤ちゃんの難聴は聞くこと、言葉を知ることができない症状ため、発見が遅れてしまうと言語の発達に影響してしまいます。

ホームケアと対処

後天性の難聴は他の病気と併発して発症するものです。パパママができることは早期発見と早期受診。ただの風邪が重大な病気に発展することもあるため、日ごろから症状の確認は欠かせません。

一方、先天性の難聴は、近年では新生児の聴覚スクリーニング検査で知ることができます。病院での出産の際に申込書を渡されます。聴覚スクリーニングは保険適用外のため、3000円~6000円ほどの自己負担になります。任意ではありますが是非受けておきましょう。

難聴が発覚した場合は、言葉の発達を遅らせないために生後6ヶ月ころから治療を始めます。症状の度合いによって補聴器の使用や手術が伴う場合もあります。

※症状が見極められないときは早めにかかりつけの病院に電話を。休日や深夜の急な症状の場合は「#8000」(厚生労働省小児救急電話相談)に相談しましょう。

最近のツイート