赤ちゃん×育児ママ×イクメンライフ | リアル・ベビー365日

赤ちゃんが生まれてから365日、月齢別に育て方やトラブルの解決方法などリアルに体験しながら学んでいく育児ママ&イクメン応援サイト♪

赤ちゃんのお肌トラブル対処!原因は外部?内部?

time 2015/05/20

赤ちゃんのお肌トラブル対処!原因は外部?内部?

赤ちゃんのお肌のトラブル、あせもや乳児湿疹など、おそらくほとんどの赤ちゃんが一度はかかっていると思います。他の病気の併発症状でなければホームケアで十分回復可能です。

赤ちゃんのお肌はとても弱い

体中純白のイメージがある赤ちゃんですが、実際は新生児のときからしょっちゅう体のどこかしらに赤い湿疹ができているいことがほとんど。

これは赤ちゃんの皮膚が薄い、バリア機能が未熟、皮脂の分泌が少ないといったもろさが影響しています。たとえ汗の一つでも十分に肌荒れの原因になるんですね。

こんなときは要注意!

汗やよだれなど外部的なものからくる肌荒れだけでなく、全身性の病気の一症状の場合もあります。つまり内部的なものからくる肌荒れですね。

発疹が出たら以下のことを確認してみてください。
※診断の際に病気を特定しやすくするため

  • 発疹が現れた部位
  • 発疹の形状
  • 発疹の色
  • かゆみがあるかどうか
  • 高熱や食欲低下などの症状

なお、全身にじんましんががでてかゆみが止まらない、高熱を伴っている、水分が取れない場合は即受診しましょう。ウイルスやアレルギーなどが原因の可能性があります。

お肌トラブル時のホームケアは?

軽度のあせもや乳児湿疹、おむつかぶれは発症しやすい反面、ホームケアだけでも回復しやすい症状です。※症状が特定できない場合は受診しましょう。

肌の清潔を保つ

1日1回のおふろや、ひどいお尻汚れ時の座浴など、赤ちゃん用石鹸を使って優しく洗う習慣を続けることが最大の予防になります。

かゆがるときの応急処置

赤ちゃんが同じところを何度もかきむしるようであれば、絞った冷たいタオルを患部にのせてあげることでかゆみが和らぎます。冷たさは赤ちゃんの機嫌を見て調節してみてください。

お風呂の温度をぬるめにすることも、かゆみ(お肌の炎症)を抑える対策になります。と言っても冷たいお風呂は厳禁です。

引っかきによる悪化を防ぐ

かきむしると皮膚がめくれて血が出るようであれば爪が鋭い証拠です。丸く滑らかに整えてあげましょう。暴れて爪きりが出来ない場合は寝ている隙にこっそりと。

症状によっては食事制限を

赤ちゃんの発疹が口の中に出来ている場合は、大人で言うと口内炎と同じ状況になっていると言うことです。熱いものや塩分や酸味が強いものはしみてしまいます。離乳食の場合は極力薄味でのどごしの良いものを選びましょう。

まとめ

お肌のトラブルは発症率が高いので見慣れてしまうかもしれません、が、中には恐い病気の症状だったと言う場合もありえます。

特に離乳食デビューをすると食物アレルギーの可能性も増えますのでしっかりチェックしてあげてくださいね♪

最近のツイート