赤ちゃん×育児ママ×イクメンライフ | リアル・ベビー365日

赤ちゃんが生まれてから365日、月齢別に育て方やトラブルの解決方法などリアルに体験しながら学んでいく育児ママ&イクメン応援サイト♪

アトピー性皮膚炎の特徴と対処

time 2015/04/28

アトピー性皮膚炎の特徴と対処

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんにとって厄介な皮膚病です。赤ちゃんには発症⇒悪化しやすい条件が多々あるため根気よく治療していくことが大切。

アトピー性皮膚炎

  • かかりやすい時期…生後1ヶ月~
  • 主な症状…湿疹、激しいかゆみ

特徴

外見こそ乳児湿疹に似たところがありますが、比較してみると明らかに違うのがアトピー性皮膚炎です。

  • かゆがる
  • 頭や顔から体へと徐々に発生個所が下がってくる
  • 左右対称の湿疹
  • 2~3ヶ月長引く(慢性化すると半年以上長引く)

原因は遺伝や環境などがありますが、多くはアレルギー、皮膚のバリア機能の低下によるものだといわれています。バリア機能が低下したところに汗やよだれ、ハウスダストなどの素因で刺激を起こし炎症につながることも。

大人でも発症するアトピー性皮膚炎ですが、赤ちゃんの場合は皮膚も薄く敏感。環境の影響を受けやすいので発症率も高くなり、さらに「我慢」ができないため掻きむしることで悪化するケースが多いようです。

ホームケアと対処

食物アレルギーが原因の場合は医師の指導の下で食事制限を行います。炎症がひどい場合はステロイド薬入りの塗り薬で鎮めていきます。

医師からの指示通りの治療が終わり、お肌も落ち着いてきたら再発を防ぐためのスキンケアを。

お肌のバリア機能を回復させるため、毎日清潔を保ち、保湿機能を持つクリームなどでケアをしていきます。掻きむしりの制限は難しいと思いますので、皮膚を傷つけないよう爪はこまめに切ってあげます。

応急処置(ステロイド薬など)⇒毎日のスキンケアを根気よく続けていくことで成長するにつれ、ほとんどが改善するようです。

参考:赤ちゃん肌を維持!スキンケアはいつから始めるの?

※症状が見極められないときは早めにかかりつけの病院に電話を。休日や深夜の急な症状の場合は「#8000」(厚生労働省小児救急電話相談)に相談しましょう。

最近のツイート