赤ちゃん×育児ママ×イクメンライフ | リアル・ベビー365日

赤ちゃんが生まれてから365日、月齢別に育て方やトラブルの解決方法などリアルに体験しながら学んでいく育児ママ&イクメン応援サイト♪

赤ちゃんの咳は乾いた音?湿った音?危険な咳か見分けよう!

time 2015/10/22

赤ちゃんの咳は乾いた音?湿った音?危険な咳か見分けよう!

赤ちゃんの咳が止まらない!秋や冬など乾燥した季節になると多く目にする症状です。咳には乾いた咳と湿った咳の2種類ありますが、同じ咳でも症状の重さが違うんです。

今回は秋や冬にかかりやすい赤ちゃんの咳の種類から、様々な原因と対処を紹介します。

赤ちゃんが湿った咳をする場合

湿った咳というのは、鼻水やたんが絡んだ咳のこと。咳の音と一緒にのどのたんも押し出されます。大人でも経験があると思うので音は分かりやすいと思います。

湿った咳の場合は比較的症状の軽いケースが多く、赤ちゃんの機嫌や食欲など、咳以外で普段と変わったことがなければホームケアだけでも回復する可能性があります。

かぜ症候群

最もポピュラーなのが風邪ことかぜ症候群。インフルエンザなどのウイルスが気管を刺激して炎症を起こし、咳が出るケースです。乾燥した季節の代表格です。

関連:かぜ症候群の特徴と対処

副鼻腔炎

鼻汁が作られる副鼻腔が細菌やウイルスで炎症を起こします。鼻水・鼻づまりがひどく行き所のない鼻水がのどを通ろうとするときむせて急激な咳を繰り返す。

仰向けになると鼻水がのどを通りやすくなるため、寝かせる際に急に咳がひどくなる場合は副鼻腔炎の可能性が疑われます。

関連:副鼻腔炎・蓄膿症の特徴と対処

赤ちゃんが乾いた咳をする場合

乾いた咳というのは…音で言うと「コンコン、ケンケン、ケホケホ…」といったたんが絡んでこない咳。これ、ウイルスや細菌がのどのさらに奥、気管支や肺にまで広がっているかもしれません。

一時的なものではなく、長く続くような乾いた咳である場合は特に要注意です。

グループ症候群

オットセイやアシカのような乾いた図太い声、かすれた声といった声帯まわりが炎症を起こす症状。悪化すると呼吸困難に陥ることも。

関連:グループ症候群の特徴と対処

気管支炎

乾いた咳から始まり、次第に湿った咳に移行していく特徴があります。軽い症状で引いていくことが多いですが、中にはゼーゼー・ヒューヒューといった呼吸音が目立ち、呼吸困難に陥るくらい重症化する場合もあります。

関連:気管支炎の特徴と対処

肺炎・百日咳

赤ちゃんがかかるとかなり危ない肺炎や百日咳ですが、現在は定期接種に含まれているのでかかる可能性は0%とはいえませんが少ないです。

すさまじい感染力なので、ワクチンなしで免疫力の少ない赤ちゃんはとても影響を受けやすいです。必ず予防接種を受けるようにしましょう。

まとめ

基本的に空気が乾燥すると空気中のウイルスは活発的になります。

赤ちゃんの咳の多くは、風邪や副鼻腔炎、または突発的に異物がのどに詰まっていることが原因のようですが、見かけでの判断に迷った場合はすぐに受診した方がいいです。

家でのホームケアも別途まとめていますので参考にしてみてくださいね♪

参考:赤ちゃんのせき対処!病気?それとも詰まりもの?

最近のツイート